フォークリフトを使用する前の注意事項

フォークリフトの使用は、適切な予防措置を講じないと危険です。フォークリフトを使用する前に、次の点に注意してください。

1.使用前点検を行う

フォークリフトを使用する前に、点検を行い、正常に作動することを確認してください。使用前点検は、フォークリフトを安全に運転するための重要なステップです。

a.タイヤの点検: タイヤに切れ目や膨らみなどの目に見える損傷がないか点検します。それらが適切に膨らんでいて、十分なトレッドの深さがあることを確認してください。

b.ブレーキの点検: ブレーキをテストして、正しく機能していることを確認します。摩耗したブレーキパッドなど、摩耗の兆候がないか確認してください。

c.ステアリングの点検: ステアリングをテストして、適切に機能していることを確認します。ステアリング部品に摩耗や損傷の兆候がないか確認してください。

d. フォークの点検: フォークに亀裂や曲がりなどの損傷や摩耗の兆候がないか点検します。それらが適切に潤滑されており、曲がったりずれたりしていないことを確認してください。

e. 油圧のテスト: 油圧をテストして、適切に機能していることを確認します。漏れやその他の問題の兆候がないか確認してください。

f. ライトの確認: ライトが正常に動作していることを確認します。これには、ヘッドライト、テールライト、方向指示器が含まれます。

g. シートベルトの点検: シートベルトが正しく機能していることを確認します。ほつれや摩耗がなく、適切に固定できることを確認してください。

h.バッテリーとフルードのチェック: バッテリーと、オイル、クーラント、作動油などのフルードのレベルをチェックします。それらが適切なレベルにあることを確認してください。

bbi.ひび割れ、さび、ボルトの緩みなど、その他の損傷や摩耗の兆候がないかフォークリフトを点検します。

フォークリフトを操作する前に使用前検査を行うことで、潜在的な問題を特定し、フォークリフトが良好な状態にあることを確認できます。これにより、フォークリフトの運転中の事故や怪我を防ぐことができます。

2.適切な個人用保護具(PPE)を着用してください

ヘルメット、安全靴、視認性の高い服装など。

2023031301
2023031302

3.耐荷重の確認

持ち上げる荷物の重量を把握し、フォークリフトにそれを持ち上げる能力があることを確認してください。フォークリフトに過負荷をかけると、フォークリフトが不安定になり、転倒のリスクが高まる可能性があるため、荷物を持ち上げる前に耐荷重を確認することが重要です。

a.各フォークリフトには、安全に持ち上げて輸送できる最大重量である定格積載量があります。フォークリフトの積載量は、フォークリフトにあるデータ プレートまたは銘板に記載されています。

b.積載量を超えると、フォークリフトがアンバランスになり、制御が困難になり、事故の危険性が高まります。過負荷は、フォークリフトの油圧システム、フレーム、およびその他のコンポーネントを損傷する可能性もあり、修理に費用がかかる可能性があります。

c.さらに、フォークリフトに過負荷をかけると、オペレーターや他の労働者に危険な作業環境が生じる可能性があります。荷重がフォークからずれたり、落下したりして、けがや物的損害を引き起こす可能性があります。

荷物を持ち上げる前に積載量をチェックすることで、オペレーターはフォークリフトが過負荷にならず、荷物を安全に処理できることを確認できます。これにより、フォークリフトやその他の機器の事故、怪我、損傷を防ぐことができます。

2023031303

4. ルートを計画する: フォークリフトで移動するルートを計画し、障害物や危険がないことを確認します。

2023031305
2023031306

5.適切な視界を確保する: フォークリフトを操作するエリアがはっきり見えるようにしてください。ミラーとライトが正常に機能することを確認してください。

2023031307

6.安全な操作手順に従う: フォークリフトの安全な操作手順は、事故や怪我の防止に役立ちます。安全な速度で運転する、警笛を鳴らして他の人に自分の存在を知らせる、急な停止や方向転換を避ける、他の車両や歩行者から安全な距離を保つ、携帯電話やその他の電子機器を絶対に使用しないなど、安全な操作手順に従ってください。 .

2023031308
2023031309

これらの予防措置を講じることで、フォークリフトを操作している間、あなたと他の人の安全を確保することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です