フォークリフトアタッチメントの取付基準

20230220082951

フォークリフトアタッチメントの取り付け方法は?重要なのは、次の 2 つの部分です。

1. 設置の形態と大きさ

アタッチメントはフォークリフトのフォーク台車に取り付けられ、その取り付け形態はフックオン取り付けとピンタイプ取り付けがほとんどです。

(1) 一般的なフォークリフトには、下図のようにフォーク台車の高さに関する国際規格があります。

フォークリフトの容量がわかれば、必要なアタッチメントの取り付けクラスがわかります。たとえば、2.5 トンのフォークリフトの場合、その取り付けクラスは一般的に ISO 2A です。

  • 大型フォークリフトの場合、フォーク台車はピン式で取り付けることが多いため、アタッチメントの選定の際はフォーク台車の図面をご提示いただく必要がございます。

2.アタッチメントのオイルパイプとフォークリフトを接続する

アタッチメントは、フォークリフトの油圧システムに依存して動力を供給します。そのため、フォークリフトにアタッチメントを取り付けたら、次にオイル回路を接続する必要があります。

アタッチメントの機能が多ければ多いほど、フォークリフトには追加のオイル回路が必要になります。たとえば、一般的なローテータには 1 つの回転機能しかなく、フォークリフトによって提供される一連のオイル回路が必要です。ペーパー ロール クランプには、open&clamping と回転の 2 つの機能があるため、フォークリフトには 2 セットのオイル回路が必要です。

さらに、一部のフォークリフト アタッチメント タイプにはソレノイド バルブがあり、回路に接続する必要があります。電動スタッカーなどの他のトラックでは、油圧と流量を考慮する必要があります。つまり、フォークリフト アタッチメントの専門メーカーとして、Wontonne はお客様に専門的な取り付けガイダンスを提供することができ、お客様は取り付けについてまったく心配する必要はありません。 Wontonneのディーラーになると、関連するトレーニングも提供できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です