ハンドリング機器で培ったWontonneが新たな旅を始める

アジア太平洋地域を代表する倉庫物流技術とハイエンド機器製造の展示会として、2023年アジア国際物流技術・輸送システム展(2023年アジア物流展)が10月より上海新国際博覧中心でグランドオープン24日から27日まで。 

展示規模は8万平方メートルを超え、800社以上の出展者が参加すると予想されている。これは専門的な伝統を継承し、システムインテグレーションとソリューション、AGVと物流ロボット、フォークリフトと付属品、搬送と仕分け、その他の分野を含むさまざまな機器製造会社を分類します。国内での感染症流行後初の世界的な物流機器のオフライン展示会として、ABB、Dematic、SANY、Hangcha、Cascade、Hikvisionなど、さまざまな分野の世界的に有名なブランドがこの大見本市に参加する。 WONTONNEは、フォークリフトアタッチメントおよびマテハン機器の専門ブランドとして、今回の展示会でWONTONNEブランドのフォークリフトアタッチメントおよびIMPETUSブランドの電動ハンドリング製品に関連するさまざまな新製品を展示します。世界中から新旧の友人が私たちを訪問することを心から歓迎します(ホール:N2、両方:H2-1)。コミュニケーションを取りながら、マテリアルハンドリングとインテリジェント機器の新しい未来をあなたと一緒に創造するのを待ちましょう。

640

下記のQRコードを読み取ってご登録・ご自由にエントリーしてください

640 0

フォークリフトアタッチメントおよびマテリアルハンドリング機器の専門ブランドとして、WONTONNE グループは創業以来、マテリアルハンドリングソリューションの信頼できるプロバイダーとしての地位を確立してきました。 20年以上の歴史を持ち、多額の投資、無駄のない製造の熟練、シームレスなサプライチェーン統合、専門的な設計に特化した熟練チームに裏打ちされた当社は、フォークリフトアタッチメント、フォークリフトトラック向けに高品質の製品とカスタマイズされたソリューションを提供するための完全な設備を備えています。 、両方の交換部品も含まれます。

640 2

さらに、当社の今後の研究開発センターおよび広さ30,000平方メートル(年間生産能力20,000台)の先端製造工業団地(主要生産ラインの3#作業場)、その他の作業場および施設は2023年末までに稼働する予定です。 2024 年 4 月に完成し、本格的に稼働する予定です。これらの投資と設備は、当社の長期的な開発戦略において極めて重要な役割を果たすことになります。

640 3

当社は、クライアントに最適なソリューションを提供し、協力者との相互に有益なパートナーシップを促進することに専念しています。お客様のニーズに合わせた当社の包括的なソリューションには、標準製品と現地でカスタマイズされた設計の両方が含まれます。これらのソリューションは、進化し続けるビジネス環境において競争力を強化するように設計されています。

20年以上にわたり、当社は中国、ASEAN、オーストラリア、南アジア、中東、アメリカ、ヨーロッパを含むいくつかの市場で好意的な評価を獲得してきました。地元のお客様により良いサービスを提供するために、当社は現在、これらの地域での競争力を強化するため、地元のディーラーやパートナーを積極的に探しています。ぜひご参加ください。ご参加いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です